Flight to California

If you want to go to San Jose, California from Tokyo, I think you have some choices. First, you can go to San Jose airport from Narita airport directly. In this case, the cost is pretty high, however, the flight time is shortest of the any itineraries.. Second, you have to trans for once in Los Angeles or Las Vegas, thus, making the cost cheaper than other plans. Third, the cheapest plan is to transfer twice somewhere. I chose the final, cheapest plan because I am a student who needS to save money.

Next, I used Kiwi.com, provided by a startup in Czech, to search for good priced tickets. We can search for all airlines tickets, especially low-cost carriers, and match them to get to a destination on the website. I bought two tickets for me and my wife for $1200 on the website, unaware of the trouble we would encounter later.

My flight routes had Narita, Kansai, Honolulu, and San Jose airport with each flight provided by a different airline, such as Peach Aviation, AirAsia X and Hawaiian Airlines. We had trouble at Kansai airport. When I went the check-in counter of AirAsia X to get the tickets, the staff told me that I hadn’t paid for the baggage costs and I should pay $400. I was confused because I paid all costs on Kiwi.com and had receipt for it. I tried explaining, but they just said Kiwi.com always has trouble with us and if you don’t pay extra costs, you can not bring your baggage onto our airplane. I didn’t have time to call Kiwi.com, therefore, I paid again. This time, I saw a man talking to the staff at the next counter. He also was explaining about his baggage costs. Then he suddenly sounded IN despair because he couldn’t use his credit card at the counter and didn’t have any options. I don’t know whether he could go back his country or not.

Anyway, I ARRIVED AT San Jose airport safely. I love this location, especially the weather. In conclusion, if you have to use AirAsia X by Kiwi.com, be careful about extra baggage costs.

サンタクララに引っ越し

2018年1月から、UCSC(University of California の Santa Cruz校) Silicon Valley Campusに通うことになり、家族と共にカリフォルニア州サンタクララ市に引っ越した。これまでは、修士課程進学のために沖縄から上京し、小金井市、文京区、八王子市、春日部市、渋谷区と、首都圏で生活していた。大きく生活拠点を変えるのは約6年ぶり。今回、学生visaで入国しており滞在期間は2年を想定している。就労ビザ取得が年々厳しくなっているらしく、その後は運次第。家族の体調第一で無理せずやっていく。

搭乗型エンタメロボット

過去に会社設立に深く関わったスケルトニクス社のニュースが年末にTwitterで流れてきた.

サイバーセキュリティ領域を中心に事業を展開するココン株式会社(所在地:東京都渋谷区、代表取締役社長:倉富 佑也、以下 ココン社)は、エンターテイメント領域に特化した動作拡大型スーツを開発しているスケルトニクス株式会社(所在地:東京都八王子市、代表取締役:阿嘉 倫大、以下 スケルトニクス社)へ資本参加しましたのでお知らせいたします。また、スケルトニクス社が発行する転換社債型新株予約権付社債(以下、「CB債」)の引受けを行うことを決議しましたので、併せてお知らせいたします。
(略)
ココン社は、スケルトニクス社が発行する株式の一部を取得、並びにCB債の引受けを行うことにより、CB債転換後においてスケルトニクス社の発行する株式の約51%を取得いたします。
なお、ココン社は、既存事業であるサイバーセキュリティ関連事業を主力事業と位置づけており、人間拡張分野は研究開発段階の分野として向き合って参ります。

ロボットベンチャーへの資本参入は,GoogleがSHAFTを買収(その後ソフトバンクグループに移行)したのが記憶に新しい.国内でこのような事例を先行して行ったココンの決断力は凄まじい.ハードウェアスタートアップというとどうしても助成金頼みになることが多く,量産化を必ずしも目指していない法人にとって,このような研究開発を目的とした資本参加は一つのやり方なのではないだろうか.

スケルトニクス社が展開するのは人が装着する搭乗型のエンターテイメントロボットだ.スケルトニクス社以外にも搭乗型エンタメロボットは複数存在する.2017年に見かけた,また2018年個人的に注目しいてる企業を記す.
Continue reading “搭乗型エンタメロボット”

中古車買取オークションのカープライス(CarPrice)を利用してみた

はじめに

つい最近,某都道府県から渋谷区に引越した.
駐車場の無い賃貸に引っ越したので,自家用車を手放すことに.
せっかくなので面白いサービスはないかと探して見つかったのがCarPriceである.

中古車買取オークションのカープライス【CarPrice】

Continue reading “中古車買取オークションのカープライス(CarPrice)を利用してみた”